1. Top » 
  2. 固定金利


住宅ローン

住宅ローン 当面の返済額を抑えたい場合の借り換え

住宅ローンの毎月の返済額を抑える方法は、今の適用金利より低い金利の住宅ローンに借り換えをするというのが一つの方法です。
今の住宅ローンよりも金利が低いものを探してみることが基本です。

特に、固定期間選択型を選んで、当初の固定期間が終了してしまっている場合には、優遇幅が小さく、適用金利が高くなっている場合があります。
数年前に比べると、現在の住宅ローンは優遇幅が大きくなっていますので、より低い金利の住宅ローンへの借り換えができる可能性があります。
また、変動金利型で借り入れしている場合も、以前より優遇幅が大きなものが出てきていますので、同じ変動金利でも返済額を引き下げることが可能です。

全期間固定金利などを借り入れしている場合、比較的金利が高いので、より金利が低いものを見つけるのは簡単です。
しかし、固定金利から、3年固定や変動金利型などに借り換えをすると、将来の金利変動リスクを負うことにもなりますので、注意が必要です。




住宅ローンを10年で返済する方法

フラット35の特徴

フラット35の特徴を3つのポイントにまとめました。

物件価額の8割までなら、35年間固定金利で借りられる

フラット35の特徴はなんといっても、地域に関係なく、物件価額の80%まで(最高8,000万円)までなら、最長35年間、金利変動なしで借りられること。
金利変動なしでで35年間借りられることを考えると安心感は非常に大きいと思います。
フラット35を利用したいために、頭金として物件価額の2割は準備しようとする人も増えているようです。

保証料などコストがかからない

証券化という手法をとるため、延滞のリスクも金融機関にはなく、保証料もかかりません(保証人も不要)。
そして、繰上げ返済手数料もかからないので、契約時の諸費用とともに維持管理のコストも下げる効果があります。

物件検査などで手続きに時間がかかる場合がある

物件については、検査をして耐久性や維持管理状況などを第三者機関が検査するため、手続きに時間がかかる場合があります。
しかし、フラット35を利用することで住宅の質も保証されると思えば、安心感は増すのではないでしょうか。



住宅ローンを10年で返済する方法

住宅ローンの借り換えで高金利時代の金利を解消

現在返済している住宅ローンの金利より低利の住宅ローンなど、メリットのある住宅ローンに乗り換えるのが、住宅ローンの借り換えです。

公的融資から民間融資へ、またA銀行からB銀行へというような民間金融機関の間で行う住宅ローンの借り換えなどのパターンがあります。


住宅ローンの借り換えなら 新生銀行
資料請求はこちらからどうぞ↓
【新生銀行住宅ローン】パワースマート住宅ローン



住宅ローンを10年で返済する方法

諸費用ローンとは

マンションや一戸建てなど住宅を購入する際には、購入資金だけではなく、様々な諸費用が必要になります。

税金をはじめ、保険料、保証料から家具、電化製品、引越などあっというまに100万円~200万円の資金が必要になる場合がありますが、そのときになって気づいて慌てる方も少なくないようです。
そんな諸費用がかさみそうで十分な資金がたりないときには「諸費用ローン」という商品があります。

諸費用ローンを扱っている金融機関は限られますので、諸費用をローンで組まれる方は、住宅ローンを組まれるときに諸費用ローンも扱っているか確認したほうがよいでしょう。


住宅ローンを10年で返済する方法

住友信託銀行 住宅ローン

住友信託銀行 住宅ローンの特長①

選べる3つの金利プラン

借入時に3つの返済プランから選べます。
他のプランへの切替が可能です。

変動プラン

4月1日、10月1日の短期プライムレートを基準として毎年2回利率の見直しを行い、6月、12月の約定返済日の翌日からそれぞれ新利率となります。

上限プラン

変動プラン同様、金利は変動しますが、特約期間(5年、10年)内は、あらかじめ設定する上限金利を超えることはありません。

固定プラン

特約期間内(2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年)は固定金利となります。


住友信託銀行 住宅ローンの特長②

自動返済

毎回のご返済日当日、ご返済用口座にお客さまご指定の金額を残して、それ以上の残高がある場合、その金額を自動的に「一部繰上返済」するサービスです。


住友信託銀行 住宅ローン
インターネットバンクサービスのメリット

1. 金利プランの切替手数料無料
2. 取引時間が9:00~21:00 ※システムメンテナンス時間除く
3. 土・日・祝日も受付ができます


住友信託銀行 住宅ローン

借入金額  1億円以内
借入期間  最長35年(ただし、お借換の場合は、35年以内かつ対象住宅ローン残存期間内)
担保  融資対象物件
保証  住信保証(株)
保証取扱手数料   31,500円(税込)
保証料  保証会社への保証料が必要です。

変動プランを選択した場合、借入利率は短期プライムレートに連動し、原則6か月ごとにレートの見直しがあります。
団体信用生命保険にご加入いただきます。(保険料は当社負担)


住宅ローンを10年で返済する方法

Page Top

コンテンツ
最新記事
RSS
タグ

住宅ローン 銀行 金利 固定金利 繰上返済 変動金利 借換え ローン ネット銀行 ネットバンク カード フラット35 審査 ソニー銀行 あおぞら銀行 返済 女性 新生銀行 保証料 団体信用生命保険 優遇 りそな銀行 手数料 住信SBIネット銀行 低金利 ほくよう住宅ローン 中国銀行 保障料 繰上げ返済 ホームローン パワースマート住宅ローン ソニーバンク 北洋銀行 ゆうちょ銀行 入院保険 ご返済安定プラン 三井住友VISAカード 三井住友 ランキング メトロ 東京メトロ りそ35 りそな 東京 保険 生命保険 損保 中央三井信託銀行 信託銀行 生保 損害保険 医療保険 死亡保険 ちゅうぎん ソニー JAバンク 転職 自営業 自己破産 返済額 勤続年数 職業 インターネット 事前審査 融資 収入 修繕積立金 管理費 諸費用ローン 借り換え 住宅ローン控除 住宅ローン減税 ネットバンキング 住友信託銀行 生活 固定資産税 家賃 賃貸 オリックス信託銀行 仕事帰り 外貨預金 レディ住まいle 元利均等返済 しんきんGOOD住まいリング 預金連動型住宅ローン スターワン住宅ローン 認定長期優良住宅 常陽銀行 金利選択型住宅ローン 東京スター銀行 信金中央金庫 信用金庫 保証事務手数料 三菱UFJ信託銀行 来店 ネット 借入れ シティバンク銀行 千葉銀行 ちばぎん ベストチョイス21 返済額指定方式 京葉銀行 

このブログをリンクに追加する